スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月の終わり

こんにちは。ムシPです。

道端を彩った桜はあっという間に片付けられ、いよいよ5月がやってくる。一般に「五月病」という言葉が流行る時期だけど、僕は5月が一番好きかもしれない。初春から花粉に苦しめられ、僕にとっては初めて訪れる春だ。うららかな春。

大学に無事に入学した。高校時代にはコミュニケーションを取れる友達がほとんど見つけられなかったんだけど、大学では一転、6年ぶりの女の子達のいる生活なのも相俟って、とても幸せな毎日を過ごしている。なんにせよ世間話に花が咲くような仲間ができたことに感動を覚えている。

最近「ムシP」と名乗ることに違和感を感じてしまうようになった。
僕が仮に将来商業で役割を担うことになるとしたら、「ムシP」よりも「齋藤維吹」の方が絶対にしっくりくる。
それに、「P」ということばのサブカル感がとても苦手になってしまった。ボーカロイドに対して一種の偏見のような感情が湧いてしまってすらいる。多分ここ最近歌ものの制作があったりするせいか、無理繰りボカロを離れようとする自分が現れている。本来こういうのをあんまり気にしながらはやりたくないんだな。

またそのうち、広告を消すために記事を書きます。ごきげんよう!

リセントリー

こんにちは。ムシPです。

ここ最近はいろんな人と直接会う機会に恵まれて、嬉しい反面半強制的にフェイス・トゥ・フェイスでのコミュニケーションをとることになる。僕は誰かと会う時には大いに身構えてしまうのだけれど、みんな優しい人ばかりで、すぐに仲良くなれるからありがたい。

こうして普段開きもしないブログを久々に更新するのは、宣言するまでもないことなんだけど、暫くアーティスト活動を休もうかなあと思っているのをお伝えするためてす。
実は最近多くの方々に声をかけていただいていて、実制作をしたり、コンペに挑戦したり、ほぼ休みなしで作業をしていた。でも、こうやって常に商業に触れていると、僕の作風は現状、業界でやっていけないことを強く意識せざるを得なくなる。自信そのものがなくなる。それを脱するためにも、ひとつ自主制作を一時的にでも休みたいと思った次第です。

ご依頼に関してはこれまで通りお受けしていきます。コラボに関しても大歓迎です。僕のオリジナル曲に関しては暫くお休み、ってことです。これから大学に慣れたり、バイトを頑張ったり、普通にJ-popを聴いたりします。圧倒的に僕は研究や鑑賞が足りないのです。

というわけで、普通の大学生ライフを暫く送ります。

1/14

13日に、新曲「Espresso」を投稿した。
新しいものを作ったつもりだが、自分の中で散々培ってきたものや、影響を受けたものが色濃く出ている。
今回は「踊れるものを作ろう」と思い、このようなサウンドになった。踊ると言っても、四つ打EDMよりは、
DUBとかそういう落ちる雰囲気が欲しくて、細かく刻むパートはあくまで軽くならす程度に抑えてみた。
3月にリリースする新譜には、もっと色んなジャンルの曲が揃っているから、是非チェックして欲しい。

ところで、音楽はこんなにも沢山のジャンルがあるのに、僕の曲はそんなにも「きくお」なんだろうか。
少々疑問を覚える。というのも、全くこの言葉に振り回されている僕は、あまり付き合いの深くない業界人に、きくおと僕の何処が似ているのかを問うてみたんだ。きくお色はある、と。それは影響としてのきくおであり、僕がきくおに囚われている風には感じない、らしい。きくおというより・・・という、もっと似てるアーティストさえ列挙してくださった。当然その中には僕がきくお以上に聴き込んだアーティストが存在した。
自分の手を離れた瞬間に、価値観とは他人に委ねられ、自分の曲は誰かの味蕾によって吟味されるのだが、ひとつ許せないことがある。俺の存在を、誰か他の人間の存在に帰属させることだ。俺はニコ動に曲を投稿している以上、その界隈での人気なアーティストに価値観の中心が置かれ、結果底辺の人間はその人の基準をもって吟味される、それはこの世の常だ。しかし、その人たちが好き勝手に評論する様を見て、ここで聴かれているのは音楽じゃなく、スターのまねごとをする底辺の奏でる音なんだな、と思う。
俺は8月に「boisterous grave」を投稿した際、「一般的にわかりやすい音楽を作らないと、理解されないのかな」とTwitterで発言した。すると、それに応戦する形で動画のコメントに「そんな人を見下した奴なんか」と書かれるのだ。ネットの文言はもはや慣れたから全く気に障らないのだが、そういう議論は、俺の今後のためにも、是非Twitter等で返信いただきたい。お前が本気で作った料理を、○○屋のパクリといわれて、喧嘩しない確信のある人間だけ、俺のコメントに「きくおのパクリ」と書き込め。
ニコ動外の音楽を聴きもしないで、大口叩く頭でっかちどもは大嫌いだ。

リセント

こんにちは。Layla ムシPです。
広告を消しがてら書きます。

・衝動で直火のエスプレッソメイカーを買ってしまった。一目惚れや衝動は押えるべきじゃないと思っている。逆に、何か2つで迷うことがあるならば、そのどちらも手に入れないということだ。

・初めてKikuo LAB予約してしまった。わくわくする。

・もはや最初の2つの事件はこの本題のための前置きだったのだけど、12/16(火)の19時に新曲をあげました。「エイド」という曲です。

この曲は、なんとしても年内に出したくて、大急ぎで書いたんです。10月から大量の制作に追われていたわけでして、普段作らないようなポップス感溢れるものを求められたりだとか、トラック制作に挑戦するだとか、だいぶ前向きな形で修羅場を見てきたわけです。それで、じつは12/30の冬コミ出展まで、まだまだ依頼の制作やら多くのタスクやらがあるのだけど、そのためのモチベアップも兼ねて、ポップス制作をこなしてきたことの、ひとつの成果が見てみたかった。だから、作ったのです。モチベのために、できれば、今年2本目の1万再生が欲しいところでした。

先々週にアップした「さけびこえ」もそうです。曲のイメージは、最近は慣れのおかげで、思い描いたままに音作りができるから、問題なし。ただ、僕の勝手な造語があまりにも不評だったんです。「淋擽(りんれき)」は、夕刻の淋しい西陽のくすぐったさを表現したのですが、まあわかるはずもなく、問い合わせが多数寄せられたり。。

要はやはり、メロディはわかりやすく、歌詞も単純明快に、みたいなところに辿り着くべきであったわけで、所謂「キャッチー」を今更になって認識したのです。「さけびごえ」で控えめな実験をし、その後にちゃんとした作品を出したいと考えていたので、この考察を、「エイド」にはバンバン反映したつもりです。

お陰様で、少し狙って作ったエイドは1万に乗りそうな線でして、あと3つほど残っている依頼制作に圧倒的なエネルギーを与えてくれています。本当にありがとうございます。

また数日後、冬コミの頒布物をまとめます。よろしく。

ニヒト・シュレヒト

何故か何度でも復活する広告を消す為に書きます。

・一気に夏が冷めて、堂々と秋がやってきた。秋らしい高い空はない。こういう気候は堪らなく気持ち悪いんだ。清々しいことには違いないが、まるで目を瞑って吊り橋を渡るような、独特な気持ち悪さから這い出せない。早く見て取れるような秋に会いたい。

・色んな案件、やること、役割が重なる。いつだって暇と忙はくっきりと縞を描いて押し寄せてくる。ひとつひとつに妥協や狡さを持たずにやりたいけれど、上手くやることも大切なんだと痛感する日々。高校最後の夏も終わったが、そんなつまらない人工的な暦を気にせず、いつも通りやっていきたい。

・今度バイトの面接を受けてくる。とても緊張する。

・この間学校でふと思ったんだけど、オケツ、オケツと連呼しながら半ば狂ったように走り回る連中は、確かにオケツのような顔をしている。なんでだろう?



寒暖の読めない季節だけど、みなさん風邪には気をつけて。
About

ムシP

Author:ムシP
ムシPです。
不思議でお洒落な音楽が好きで、専らそういうものを制作しています。何にでも興味を持ちます。宜しくお願いします。

最新記事
コミュ
放送
ツイート
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
WebMoney ぷちカンパ
検索フォーム
RSSリンクの表示
直通口
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。